スマートフォンサイトを表示する

株式会社 猪井

採用情報

猪井の仕事内容

営業の仕事社外編
詳細はこちら

仕事内容(基本的な動き)

  • 車、電車で、商品を持参し訪問する
  • 先方キーパーソン(主に社長)、担当者と商談をする

【重要】販売店への企画提案・販売サポート

猪井の営業はコンサルティング業務を行います

  • 小売店が行う販売企画を提案

    □小売店の要望を拝聴
    □企画の立案とプレゼンテーション
    □現場担当者との各種打ち合わせ
    □スタッフ説明会の開催 など

  • 扱う商品から集客方法、販売まで全てをサポート

    □イベント場所の手配
    □集客ツールの作成、アイテムの調査
    □商品の構成、販売価格、人員配置 など

  • イベント時の販売、消費者への接客

    □商品の説明
    □売価の決定(場合によって)
    □支払い方法の提案(場合によって)など

  • イベント中の指揮、販売店スタッフの指導
営業の仕事社内編
詳細はこちら

営業の社内での主な仕事

  • 来客の対応
  • 商品の出荷、入荷の対応
  • 商品の構成(選品、値段入れなど)、イベントの為の商品準備
  • 営業の為の準備(プレゼン準備、商品準備など)
  • 環境整備
  • 他、営業のフォロー

【入社初期】

  • 営業サポート部(押味商品管理チーフ)の手伝いをしながら作業を覚える

    □商品の扱い方について指導
    □札つけ業務について指導
    □書類、PCの扱いなど、基本作業の獲得
    □基本的な商品知識の獲得
    □その他、社内慣習についての取得

  • 先輩営業に同行

    □現場での業務指導

営業の1日のスケジュール県内出張編
詳細はこちら
営業の1日のスケジュール県外出張編
詳細はこちら

現状について

 猪井の仕事は、日本の伝統を守り育み、これからの文化を創造していく仕事です。

 きものは、成人式、結婚式など日本の伝統行事に欠かせない存在であり、着付け、茶道、踊りなど根強い趣味の需要も存在します。歌舞伎や狂言、大相撲など日本の文化では常にきものを用いています。きものを販売するということは伝統を守るという意味もあります。

 しかし、生活必需品というわけではありませんし、決して安いものでもありません。実質、業界は市場規模が全盛期の五分の一(3,000億)にまで落ちています。

 そういう性質上、どこから買うのか?誰から買うのか?は、お客様が選ぶところであり、売り手の人間性が大切になります。

 その中で、当社の売上は4年連続増収し、落ちていくライバル会社の中では異質な存在となっています。小さな会社ですが、商品の品質、量は大きなライバル会社にも勝る部分が多くなっています。

 猪井では、入社後すぐに現場に立つことになりますが、堅苦しいマニュアルはなく、自分らしさを存分に発揮することができるので、そこから一歩一歩お客様から信頼される営業マンになっていくということを期待しています。

 和食や和紙が世界遺産に登録されたことは記憶に新しいですが、きものも伝統産業であり日本の文化です。その伝統的な文化を引き継いでいきたいという気持ちを必要としています。

【↑】このページの先頭部分まで戻ります。